kou無秩序日記

日常を綴ります。

綺麗な日本語を使いたい。

私は現在20歳でいわゆるゆとり世代だとかスマホ世代などと言われる世代の生まれです。

5年前くらいにスマホが登場し、字を書くよりも打つ方が多くなった結果、漢字を書けるけど読めないことが多くなっています。


これからの時代はそもそも手書きの文字を書くこと自体が少なくなっていくとは思いますが、漢字が書けないのはいざという時に困ります。


どれほど電子化が進んでも、やはりアナログな物も必要ですし、勉強をしたりする時はどうしても文字を書くので、なるべく読めて書けるようになりたいです。


ここまでは前置きでして、

美しい日本語を使いたいというのは

最近よく本を読むようになったからです。

漫画や雑誌や簡単な文芸書ではなく、小説や専門書を読む時に知らない表現に出逢うことが多いです。

もしかしたら一般的な表現ではない可能性がありますが(私は推理小説や青春小説を読む事が多いので多少偏っているかもしれません)、なるべく綺麗な表現を使うようにしようと思っています。


特に、ヤバイとかエグいとかたのしーとかはただのchatならともかく、といったところです。


時代の移り変わりと同様に言葉も移り変わっていくものではありますが、簡単には時代の波に流されないようにしたいです。